FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

   


ジャンル:アニメ
監督:押井守


鬼才・押井守が士郎正宗の同名コミックを映画化し、日本のみならず全米でも記録的なヒットを飛ばしたSFアニメーション。作画の素晴らしさやデジタルを駆使した画像の美しさはもちろん、押井監督独特のシュールかつ重層的な作品世界が秀逸。また監督自身がこだわり抜いた、リアリティ溢れるガン・アクションも見どころ。
西暦2029年。電子が駆けめぐる近未来。公安9課の草薙素子を隊長とする、通称“攻殻機動隊”のメンバーに、国際手配中の天才ハッカー・人形使いが捕らえられたという報が入る。完全にサイボーグ化し、電脳を有する人形使い。ネットの海から生まれた彼は、自らを生命体と主張し、亡命を提言する・・・。
 
(感想)
アニメにあまり興味のなかった僕に火をつけた作品です。内容はさることながら、ビジュアル、構成の緻密さ、面白さがあまりにもすごい。未来都市に行ってきて、観てきたのではと思うほどでした。社会問題をテーマにしているのも魅力です。まさに僕の中での革命でした。



⇒他の”攻殻機動隊”シリーズ

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 2
2002年に制作された『攻殻機動隊』初のTVシリーズが初BD化。監督は『東のエデン』の神山健治、音楽は『マクロスF』の菅野よう子。


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Blu-ray Disc BOX 1
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Blu-ray Disc BOX 2
人気TVアニメシリーズ『攻殻機動隊 S.A.C.』の第2シリーズ。笑い男事件から半年、「個別の11人」と名乗るテロ組織による人質立てこもり事件が発生・・。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

秒速5センチメートル

   


ジャンル:アニメ > 青春
監督・原作者:新海誠


小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く…。
ありふれた日常の中で繰り広げられる男女の心の機微を美しい映像でリリカルかつノスタルジックに綴る、短編アニメーション。

(感想)
昔のころを思い出しました。淡い、さわやかな日々。そんな昔の感動がよみがえってきました。年代ごとに区切ってあるのは良かった。また、秒速5センチメートル=桜が散る速さといった表現や、文学的で詩のようなセリフが多く、好きな人はとても好きだと思います。かなりお勧めできる作品です。本当にみて良かったです。



⇒劇中、思いがひしひしと伝わってきて、涙がでました。名曲です。

One more time,One more chance 「秒速5センチメートル」Special Edition
山崎まさよしの名曲、"One more time,One more chance"の再リリース版。
雪の駅 ~ One more time, One more chance ~(from 「秒速5センチメートル」)収録


⇒他の”新海誠”作品

    



イヴの時間

  


ジャンル:アニメ > SF/ロボット 
監督・原作者:吉浦康裕


人間型ロボット(アンドロイド)が実用化された未来。アンドロイドを“家電”として扱うことが社会常識となっている中で、アンドロイドに入れ込んでしまう人々は“ドリ系”と呼ばれ、社会問題となっていた……。
主人公・リクオは、自家用アンドロイド・サミィの行動記録の中に奇妙な言葉があることに気づく。不審に思ったリクオはサミィの足跡を辿っていくが、辿り着いた先は「人間とロボットを区別しない」というルールを掲げる奇妙な店“イヴの時間”であった。

約2カ月間隔で全6話が配信されたオリジナル版は、口コミで話題を呼び、累計視聴数300万回を超え、話題に。 新時代・WEBで切り拓いたオリジナル・アニメーションの金字塔!


(感想)
ほんわかテイストですね。ロボットにとっての人間はなんなのか。こういう、感情を持ってしまうっていうくだりは多いけど、そこからのプロセスは好きですね。今までのものは、ただ暴走するみたいな、ロボットのプロセスがなかったから貴重な作品だと思います。



⇒『イヴの時間』のすべてに迫ります。

イヴの時間 オフィシャルファンブック
総視聴回数300万回を超えるウェブアニメのファンブックがついに刊行!



サマーウォーズ

  


ジャンル:アニメ > 青春
監督:細田守


天才的な数学の能力を持つ内気な高校2年生、小磯健二。彼は憧れの先輩、夏希から夏休みのアルバイトを頼まれ、彼女の田舎を訪れる。そこに待っていたのは、夏希の親戚家族の個性溢れる面々。夏希の曾祖母、栄の90歳の誕生日の祝いの席で、夏希のフィアンセのフリをする、というバイトの中身を初めて知り困惑する健二だったが…。
細田守監督が気弱な少年の思いも寄らぬ夏の大冒険を描くSF青春アドベンチャー。17歳の少年が、仮想空間に端を発した世界崩壊の危機に立ち向かう姿を家族の絆を軸に迫力のアクション満載で描き出す。

(感想)
この女の子に誘われたら普通行くでしょう。うらやましいですね。しかも、行くと名家で親戚も大勢いるときた。そこの人たちも個性的で、最悪のシチュエーションかつ、最高のシチュエーションです。また、夏っていいなって思えるのもこの映画の魅力のひとつに感じます。
田舎とサイバー世界の二つの世界を融合させたのは非常に面白かった。恋が実って、その後の物語を描いた、続編ができることを期待しています。


⇒他の”細田守”作品


時をかける少女




ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島




ページ移動

スポンサー

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(タブ)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
スポンサー
AKB48
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。