FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の僕たち

   
 

ジャンル:洋画ドラマ > ラブストーリー
監督:ガス・ヴァン・サント 
出演者:ヘンリー・ホッパー ミア・ワシコウスカ



交通事故で両親を失い、自身も臨死を体験した少年。以来、日本人の特攻青年の霊が見えるようになっていた。そんなある日、他人の葬式で、余命3ヵ月の少女と出会う。死によって結びついた2人の仲は急速に深まっていくが…。
「ミルク」のガス・ヴァン・サント監督が死にとらわれた少年を主人公に描く奇妙で切ないピュア・ラブストーリー。主演は名優デニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパー、共演に加瀬亮。

(感想)
死がテーマの映画なんですけど、ふわっとしていて優しく感じられる、とてもピュアで不思議なラブストーリーでした。ミア・ワシコウスカは間違いなく、将来ビッグな女優になっているはずです。それくらいに素晴らしい女優さんだということがわかります。また、デニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパーも期待です。走り方が、なんか面白かったですが、やはり似ていますね。片鱗が垣間見えました。
日本人の特攻青年の霊ということで、共演に加瀬亮が出ているのも新鮮でした。物語の要所に出てきてアクセントを加えており、非常に良かったと思います。


⇒ヘンリー・ホッパーの父親、名優デニス・ホッパーの出演作といえば・・・

イージー★ライダー
主演は反逆の名優ピーター・フォンダ、そして監督も務めたデニス・ホッパー。
共演には、“怪優”ジャック・ニコルソン。



スピード
キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック共演、大ヒットノンストップアクション。
時速80キロ以下に落とすと爆発する爆弾を仕掛けられたバス乗客を救うべく、SWAT隊員が立ち上がる。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ヒットマンズ・レクイエム

9999202438866_1L[1]


ジャンル:洋画ドラマ > コメディ
監督:マーティン・マクドナー 
出演者:コリン・ファレル レイフ・ファインズ


ベルギーのブルージュを舞台に殺し屋とその相棒が、仕事をまっとうしようとするが...。
殺し屋の葛藤をブラックにユーモアに描くドラマ。

(感想)
ブラックですね~。面白い。英国独特のブラックユーモアのセンスに観ていて飽きません。ユーモアのセンスもそうだけど、なんといってもブルージュがきれいすぎる。そして、レイフ・ファインズのキレっぷり、ブレンダン・グリーソンのおっさんぶり、コリン・ファレルのなんだか言えない感じ、なんか面白い。
また、舞台であるブルージュは、中世の佇まいを残すおとぎの国のような静かな都市。その風景を余すところなく映し出し、十字軍が持ち帰ったキリストの血が祭られている聖血礼拝堂や絵画など見どころは多いので歴史的にも楽しめる。

ブルージュ=地獄(主人公が表現する)という表現も見てもらえれば、そういう風に見えてきます。個人的には、とても好きな映画です。



レオン

    




ジャンル:洋画アクション > 犯罪アクション
監督:リュック・ベッソン 
出演者:ジャン・レノ  ナタリー・ポートマン

(紹介)
孤独な殺し屋・レオンと、家族を惨殺された少女・マチルダの出逢いと別れを描いた「レオン」に、22分の未公開シーンを加えた完全版。ふたりが心を通わせていく過程が、さらに緻密に描かれ、切なさがより胸を締めつける。

(感想)
ナタリー・ポートマンがマリリン・モンローのモノマネをするあたりから、親心が芽生えてしまった。ジャン・レノも同じだったのでは。そして最後、ゲイリー・オールドマンが小さい声で「シット」と言って爆発するシーンは最高にしびれます。キャストは最高に良かったです。おすすめです。



ED曲 シェイプ・オブ・マイ・ハート / 『レオン』 が入っているアルバムです。めっちゃ好きでよく聞いています。チェックしてみてください。

・マイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ

 




ダークナイト

    


ジャンル:洋画SF > ファンタジー

監督:クリストファー・ノーラン 
出演者:クリスチャン・ベール ヒース・レジャー

(紹介)
ゴッサムシティでは、バットマンとゴードン警部補が手を組み、日々の犯罪に立ち向かっていた。だがそんな中、白塗りの顔に裂けた口の“ジョーカー”と名乗る正体不明の男が闇の世界で頭角を現わし、バットマンを嘲笑うかのごとく次々と凶悪事件を引き起こしていく。
「メメント」「インソムニア」のクリストファー・ノーランが新たな世界観で手掛けた「バットマン ビギンズ」の続編。クリスチャン・ベイルが引き続きバットマンに扮し、悪の黒幕“ジョーカー”と壮絶な死闘を繰り広げる。そのジョーカーを圧倒的な存在感で怪演したヒース・レジャーは、2008年に28歳の若さで急逝した。

(感想)
映画館でみて、驚嘆をうけた作品です。それ以降、何度もみましたが、これ以上の悪はない! クリストファー・ノーランはすごいです。監督の中でも、一番大好きな監督です。この作品自体も人生で一番の映画!!ぜひおすすめします!!!
映画史に残るだろうジョーカーを演じたヒース・レジャーが死んでしまったのは、ジョーカー自身にとり憑かれたからなのかもしれません。これからのヒースが観たかったので残念です。


⇒他の”クリストファー・ノーラン”作品

インセプション
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙の共演で贈るSFアクション。
他人の頭の中に侵入してアイデアを盗むプロフェッショナル集団に、絶対不可能なミッションが始まる



プレステージ
人生にすらトリックを仕掛ける魔術師たちが互いの威信をかけた闘いを繰り広げる。ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイルが共演。




ページ移動

スポンサー

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(タブ)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
スポンサー
AKB48
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。