FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

             




洋画アクション ギャング/マフィア

監督:セルジオ・レオーネ
出演者:ロバート・デ・ニーロ

(あらすじ)
セルジオ・レオーネ監督の長年の夢だったギャング映画を、禁酒法時代のアメリカを背景にノスタルジックに描いた彼の集大成の大作。劇場公開版より約30分も長いニュー・バージョン。劇場公開版に比べ、シーンを補う形で補強されたカットや、劇場公開版でちょっと不自然だったつながりの部分に未公開シーンを追加して前後関係を自然にしたりと、明らかに作品の完成度を高める意味での修正が施されている。


(感想)
ギャング映画のなかではゴッドファーザーより個人的にはNo1!(㊟ あくまで個人的意見です。)
荒々しさはないが、心理描写、人間模様、友情は、深いものがあり、せつない。それに作曲家エンニオ・モリコーネの音楽が後押しをしてくれる。ポポポポ~ン♪が頭の中から離れない。文句なしに傑作!
最後にR・デニーロが笑うシーンは、感動すると同時にせつない。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

ページ移動

スポンサー

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(タブ)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
スポンサー
AKB48
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。